一般電気事業者 小売電気事業者 – 小売電気事業者の一覧|新電力ネット

625 行 · 経済産業省・資源エネルギー庁のホームページです。登録小売電気事業者一覧、登録特定送配電事業者一覧。

登録 番号 氏名又は名称 住所 代表者氏名
A0001 株式会社F-Power (法人番号 2010701 東京都港区芝浦3-1-21 代表取締役 埼玉 浩史
A0002 イーレックス株式会社 (法人番号 201 東京都中央区京橋2-2- 代表取締役社長 本名 均
A0003 リエスパワー株式会社 (法人番号 901 東京都豊島区東池袋4 代表取締役 青木 博幸
A0004 イーレックス・スパーク・マーケティ 東京都中央区京橋2-2- 代表取締役社長 斎藤 靖

www.enecho.meti.go.jpに関する全 625 行を参照

小売電気事業者(こうりでんきじぎょうしゃ)とは、日本の電気事業法に定められた電気事業者の類型の一つで、小売電気事業を営むために経済産業大臣の登録を受けた者をいう 。 一般の需要に応じ電気を供給することを事業とする。

電力小売部門における一部自由化の実施. 使用最大電力が2000kW以上の需要家に対する電力小売事業を、一般電気事業者以外にも開放する特定規模電気事業者制度の創設。 料金規制の見直し. 規制部門における料金引き下げについては、認可制から届出制に緩和。

2016年4月1日の電力自由化に向けて様々な準備が進められています。 そんななかでも分かりにくいのが、電力会社を表す表現。 自由化が実際に始まると俗称が普及する可能性がありますが、現段階での正式名称をまとめていきます。 電力会社の種類①:一般電気事業者 現在の電力会社のことです。

ASCII.jpデジタル用語辞典 – 一般電気事業者の用語解説 – 東京電力、関西電力など、地域内の発電所および工場、家庭に広がるインフラ網を抱え、電力の小売業を主な業務としている会社のこと。従来、一般電気事業者のみが決められた地域の中で電力小売をできるという特権をもっていた。

一般電気事業者 一般(工場や家庭等)の需要に応じて電力の小売業を主に行っている会社のことをいいます。 日本で主に挙げられる一般事業者は、北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力

[PDF]

小売 電気 事業者 送配電 事業者 託送料 発電料 電気料金 【電気の流れ】 発電事業者は、発電所で発電し、小売事業者に売電する。 小売電気事業者は、需要家に電気を販売する。 送配電事業者は、送配電設備を用いて、小売電気事業者のために電気を需要

特定規模電気事業者に登録されている事業者は、経済産業省 資源エネルギー庁のhp内に、特定規模電気事業者一覧として連絡先が記載されています。 2015年6月30日時点で、693社が登録されています。

[PDF]

・一般電気事業者 工作物を用いて小売電気事業、一般送配電 ・卸電気事業者 ・特定電気事業者 ・特定規模電気事業者 電気事業者以外の者 ・卸供給事業者 ・特定自家発設置者 ・再生可能エネルギー 設備認定事業者 等 1 発電事業とは― (電気事業法第2条

旧一般電気事業者9社は、「電力システム改革専門委員会報告書」(2013年2月)における整理を踏まえ、自主的取組として、限界費用ベースで余剰電力の全量を卸電力取引所へ投入しております。

一般送配電事業者(いっぱんそうはいでんじぎょうしゃ)は、日本の電気事業法に定められた電気事業者の類型の一つで、経済産業大臣から一般送配電事業を営む許可を受けた者をいう 。 供給区域内で送電線、変電所などを維持、運用し、これを使って他人の電気を目的地まで送り届けること

小売電気事業者. 小売電気事業を営むには、電気事業法第2条の2の規定により経済産業大臣による登録が必要である 。 資源エネルギー庁の「登録小売電気事業者一覧」によると2019年7月26日現在、計596事業者である 。 一般送配電事業者

東京電力hd「日本の電気事業」のページ。東京電力ホールディングス株式会社は、東京電力グループの持株会社です。福島第一原子力発電所事故の「責任」を果たし、エネルギー産業の新しい「競争」の時代を勝ち抜いていくために、大きな変革を実行してまいります。

小売電気事業者 小売電気事業者とは. 小売電気事業者とは、日本の電気事業法に定められた電気事業者の類型の一つで、小売り電気事業を営むために経済産業大臣の登録を受けたものをいいます。2016年4月1日開始の電力小売全面自由化に伴い、経済産業省に

小売電気事業、一般送配電事業又は特定送配電事業のために電気を発電する事業であって、その発電用の電気工作物が経済産業省令で定める要件(※)に該当するもの。 簡単に言えば、自前の発電設備で一定規模以上の電気を発電し、他へ供給する事業の

日本大百科全書(ニッポニカ) – 小売電気事業者の用語解説 – 2016年(平成28)4月の電力小売り全面自由化以降、一般家庭や商店など契約電力が50キロワット未満の消費者に電気を販売できる事業者のうち、大手電力会社10社(一般電気事業者)を除くもの。

概要

特定送配電事業者(とくていそうはいでんじぎょうしゃ)は、日本の電気事業法に定められた電気事業者の類型の一つで、経済産業大臣に特定送配電事業を営むことの届出をした者をいう 。 送電線、変電所、配電線などの送電設備・配電設備を維持、運用し、小売電気事業者または一般送配電

知恵蔵 – 特定規模電気事業者の用語解説 – 1999年5月成立の改正電気事業法で新たに規定され、2004年から500kW以上(05年から50kW以上)の高圧需要家を市場とする、一般電気事業者以外の電力供給事業者。04年5月までに12社が市場に参入した。一方、発電市場では、独立発電事業者(IPP:indep

送電事業者(そうでんじぎょうしゃ)は、日本の電気事業法に定められた電気事業者の類型の一つで、経済産業大臣から送電事業を営む許可を受けた者をいう 。 送電線、変電所などを維持、運用し、一般送配電事業者との契約に基づいて送電することを事業とする。

小売電気事業者に新たに該当するための見直し、その他所要の見直しを行う。 これらの内容について、託送供給等約款に反映するため、一般送配電事業者10社より、 11月22日付けで託送供給等約款の変更の認可申請(電気事業法第18条第1項)がなさ

日本の電力会社 日本の主な電気事業者 2016年4月1日からの電力の小売り全面自由化にあわせて、改正された電気事業法が同日施行され、電気事業者は小売電気事業者、一般送配電事業者、送電事業者、特定送配電事業者および発電事

新旧の電気事業法で規定された電気事業者の種類および名称と詳細、各電気事業者名の一覧を案内しています。電力全面自由化にあわせて改正された電気事業法では電気事業者(電力会社)の種類は、以下の5つに大別されています。・小売電気事業者・一般送配電事業者・送電事業者・特定

特定規模電気事業とは聞き慣れない言葉ですが電力自由化で新しいスタイルの新規参入外社が電気販売が行えることになり一般消費者にとって安く電気を利用できる時が到来したと言えるでしょう。

小売電気事業者の一覧(全655件表示) 小売電気事業者の一覧です。その他、法人向けの電力会社切り替えをご検討の方には、一括見積を提供しております。家庭向けの料金プランについては、一覧・比較表をご覧いただけます。

2016年から始まる電力の小売全面自由化に伴い、一般電気事業者制度の見直しと併せて、現行の電気事業法の事業類型が抜本的に変わります。従来の事業類型は、主に以下の5つです。

全国に展開している電力会社というのは、 一般電気事業者 小売電気事業者 大きくこの2つに分けることができます。 一般電気事業者というのは、 東京電力 関西電力 といったような、 電気を取り扱っ

小売電気事業者(新電力会社、特定規模電気事業者、pps)のランキング、比較、シェア、一覧、評判評価、日本卸電力取引所(jepx)の取引状況等を掲載。

当社が維持する送配電ネットワーク設備を介して、電気をご使用のお客さま(小売電気事業者とご契約のお客さま)の供給地点まで電気を託送(運搬)するご契約です。一般送配電事業者(東京電力パワーグリッド株式会社)と小売電気事業者で締結します。

経済産業省・資源エネルギー庁のホームページです。電気事業制度の概要、送配電事業者一覧(一般送配電事業者、送電

a. 小売電気事業者. 小売電気事業者は、小売電気事業を営むことについて経済産業大臣の登録を受けた者をいいます(事業法第2条第1項第3号、第2条の2)。小売電気事業とは、一般の需要に応じて電気を供給する事業のことです。

本日、経済産業省は、改正電気事業法第22条の2第1項ただし書の規定に基づき、一般送配電事業者たる沖縄電力株式会社に対し、小売電気事業及び発電事業との兼業を認可しました。

卸電気事業者 は、一般電気事業者である各地の電力会社に対して電気を卸売りする事業者の事を指しています。 卸電気事業者 電気については一般的に各地の電力会社が発電を担っていると考えられていますが、それ以外にも 電力の卸売りを専門に行なう

2016年4月から電力小売の前面自由化が開始されます。本連載は、関電システムソリューションズ株式会社ビジネスコンサルティング部の最新刊で、2016年1月に刊行された『ウチの会社 電気売るんだってよ』(一般社団法人 日本電気協会新聞部)の中から一部を抜粋し、電力小売ビジネスの概要と

デジタル大辞泉 – 電気事業者の用語解説 – 電気事業を営む者。電気事業法に規定。小売電気事業者・一般送配電事業者・送電事業者・特定送配電事業者・発電事業者がある。[補説]平成28年(2016)の電力小売全面自由化以前は、一般電気事業者・卸電気事業者・卸供給事業者・特定規模電気

小売電気事業者さま専用のお問い合わせ先です。 ※ お問い合わせの際、小売電気事業者さま確認のため、電力広域的運営推進機関より発行される「事業者コード」をお伺いいたしますので、ご確認をお願い

電気事業法改正による事業者区分の簡略化や発電事業者の定義の見直しによって、大きく整備し直された電気事業。今後の課題は一般電気事業者に位置づけられる「送配電事業者」の分離・独立といわれています。 すべての発電事業者や小売電気事業者が

[PDF]

fit電源 小売電気 送配電 事業者 以上に発電した電気は一般送配電事業者がインバランス価格で買い取ることを前提としている。 このため、 fit電源は引き続き、発電量の全量をfit価格で買い取る仕組みの維

問54.2016年(平成28年)4月1日から新規参入の小売電気事業者に切り替えるために、ある小売電気事業者Aと契約を締結したのですが、後から話を聞いた小売電気事業者Bの方が魅力的だったので、AではなくBに切り替えたいと思います。

本日、電力取引監視等委員会は、経済産業大臣から意見を求められたみなし小売電気事業者たる法人(東京電力株式会社)の分割の認可の申請について、電力の適正な取引の確保の観点から審査を行い、意見を回答しましたのでお知らせいたします。

「登録小売電気事業者」の記事一覧です。 登録小売電気事業者. 横浜市青葉区柿の木台40-5 セピアコート柿の木台201経済産業省への登録日平成30年5月22日一般家庭への販売は-供給予定地域

特定電気事業者は全国でも5社しか存在しないとても希少なケースです。六本木ヒルズ内部に発電施設を備えて同施設内の電力を賄っている六本木エネルギーグループなどが該当します。

[PDF]

発電事業者 送配電事業者 小売電気事業者 発電 送配電 小売 一定規模未 満の発電設 備保有者 (一般送配電事業者、送電事業者、特定送配電事業者) (情報の目的外利用の禁止、特定事業者の差別的取扱の禁止等) ネットワーク利用 (託送供給)

新電力会社(小売電気事業者)の一覧表です。経済産業省資源エネルギー庁への小売電気事業者一覧表の届け出順に掲載し

みなし小売電気事業者部門別収支計算規則(平成28年経済産業省令第45号)は、旧一般電気事業者であるみなし小売電気事業者に関する、電気事業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第720号)附則第16条第3項の規定によりなおその効力を有するものとして読み替えて適用される同法第1条の

新電力会社(小売電気事業者)一覧です。一覧表の他に供給可能エリア別もあります。電力契約ができる小売電気事業者は2019年11月7日現在、624事業者(既存の大手電力会社10社を含む)あります。電力契約を新電力会社に切り替えるには契約する地域での電力供給が可能な新電力会社と契約し

送電事業者は電線路の使用量をとるだけで,需要家および小売電気事業者から電気料金を取ることはないのでしょうか?送電事業者は発電事業も行っているのでしょうか? 送電事業者とは、既存電力会社の送配電部門を言うのであ

[PDF]

続請求電気事業者は一般送配電事業者になる。 ※特定契約の申込みをしようとする特定供給者による接続の請求の相手方である電気事業者。 発電 小売 一般電気事業者 卸供給 (ipp) 特定地点 の需要家消費 特定電 気事業 者 自由化部門の需要家 自家

2016年4月から電力小売の前面自由化が開始されます。本連載は、関電システムソリューションズ株式会社ビジネスコンサルティング部の最新刊で、2016年1月に刊行された『ウチの会社 電気売るんだってよ』(一般社団法人 日本電気協会新聞部)の中から一部を抜粋し、電力小売ビジネスの概要と

特定の地域で電力を小売できる特権を持つ全国10の電力会社のことを一般電気事業者と言います。これまでは、それぞれの電力会社が独占的に電気の供給を行っていたという特徴があります。

[PDF]

別表に掲げるみなし小売電気事業者特定小売供給約款料金算定規則の規定により別 紙のとおり事業者設定基準および燃料費調整制度関係事項を定めたので届け出ます。 7 6 9

電力自由化以前は、発電、小売、送配電を地域の大手電力会社が独占的に行ってきました。 その場合、すべての消費と発電を把握することができ、地域の大手電力会社の中だけで完結できるため、電力系統の運営は比較的容易であったといえます。 電力自由化に伴い、送配電事業は中立化され

[PDF]

発電者 一般送配電事業者 小売電気事業者 再生可能エネルギー電気卸供給とは、一般送配電事業者が法律で定められた買取価格で買い取った再 生可能エネルギー(fit)電気を、小売電気事業者などの契約者の希望により、卸電力取引市場を経

[PDF]

電気事業法第2弾改正による電力自由化に伴い、発電事業を行う者は、一律に「発 電事業者」に該当することとなる(また、現に発電を行っている者に限られず、発電事業 を営もうとする者も該当する)。 事業区分 電気事業者 ・一般電気事業者

第2回小売電気事業者様向け説明会の内容に関していただいたご質問集 資料1 要件別の問い合わせ先一覧について Q1.東京電力の緊急受付センターの電話番号を,小売電気事業者がホームページを通じて一般のお客 さま向けに周知して良いか。

九州電力エリアに電力供給が可能な新電力会社(小売電気事業者)一覧表です。電力契約を新電力会社に切り替えるには契約する地域で電力供給が可能な新電力会社と契約しなければなりません。

[PDF]

・現行電気事業法上に定義された「電気事業者」は、一般電気事業者の他、卸電気事業者、特 定電気事業者、特定規模電気事業者(新電力)の4類型。 ・小売全面自由化に伴う一般電気事業者制度の見直しとあわせて、現行の電気事業法の事業類

経済産業省に登録されております小売電気事業者は630社(2019年12月10日付) 登録番号 小売電気事業者名 事業者 登録年月日 A0001 株式会社F-Power 2015年10月8日 A0002 イーレックス株式会社 2015年10月8日 A0003 リエスパワー株式会社 2015年10月8日 A0004

小売電気事業者(新電力会社、特定規模電気事業者、pps)のランキング、比較、シェア、一覧、評判評価、日本卸電力取引所(jepx)の取引状況等を掲載。

特定送配電事業とは、自社が運用する電気を特定の供給地点において、小売電気事業や一般送配電事業を行っている他の事業者に電気の託送を行う事業のことで、発電事業に該当する部分を除くものです。 特定送配電事業者とは、特定送配電事業を営むことについて経済産業大臣に届出をした